継承する人間国宝・清水幸太郎の技と職人魂

化学染料や新しい染色技法・注染など、合理的に着物を作ることが流行した時代に三勝は時代に妥協せず、「諸々の技法は一日にして成らず 祖神達の徳恵なり」と、すべてが手作業による江戸からの染色技法・長板中形にこだわり続けてきました。同時に熟練の技をさらに磨き、意匠に知恵を絞り、素材、着心地を追求し、職人たちと共に研鑽努力しながらもの創りを続け、「長板中形なら三勝」と高い評価を得てきました。

中でも専属職人・清水幸太郎の作品は、「これは人の手で型付けされたものか」と誰もが目を見張る、精巧無比、繊細で上品な江戸好みに仕上がり、一世を風靡しました。昭和30年、清水幸太郎の長板中形の優れた染色技術は広く世に認められ、最高の技術保持者として重要無形文化財、人間国宝に認定されました。清水幸太郎は、昭和43年に惜しまれながら世を去りましたが、三勝は人間国宝・清水幸太郎の技と一徹な職人魂を継承し、染と生地にこだわったゆかた作りをいまも続けています。

清水幸太郎年譜

1897年(明治30年) 長板中形の型付職人・清水吉五郎の1人息子として生まれる
1903年(明治36年) 父・吉五郎独立。長板中形染工房「松吉」を開業
1904年(明治37年) 初代天野半七にその腕と人柄を見込まれ、三勝の専属職人となる
1912年(大正元年) 幸太郎、長板中形の型付職人に。父についてこの年から19年間修行
1936年(昭和11年) 父の死去に伴い三勝専属職人として家業を継ぐ
1951年(昭和26年) 三男・敬三郎、三勝に入社。親子三代にわたり三勝と深い縁を持つ
1952年(昭和27年) 長板中形技術競技会で金賞、銀賞を受賞
1955年(昭和30年) 重要無形文化財保持者・人間国宝に認定
1967年(昭和42年) 勲五等双光旭日章を受賞
1968年(昭和43年) 死去、享年91歳

↑このページの先頭へ

三勝サイトトップへ