シルクウール

江戸百撰のシルクウールは、帯を引き立てる無地感覚の色柄にこだわった自信作です。経(タテ)糸が絹・緯(ヨコ)糸にウールなので、生地の落ち感に優れ、着姿はすらりと見えるのです。上品な光沢としなやかな風合いがあり、応用範囲の大変広いきものです。

万能 ALL-AROUND

ゆかた以外の季節はすべてお召しいただけるシルクとウールが織り成す美しい生地は、お手入れも簡単。きものへの第一歩にも最適の一枚。コーディネイトのポイントを帯に置くことで着姿はスッキリ。きもの一つに三つの帯、といわれるように無地調子の生地は着まわしがきくので帯を選ぶ楽しみも現代好みといえるでしょう。

写真[コーディネイト例1]
シルクウール「江戸百撰」
帯:綿 六寸  帯揚げ 帯締
写真[コーディネイト例2]
きもの:シルクウール「江戸百撰」
帯:綿 京袋 帯揚げ 帯締
写真[コーディネイト例3]
きもの:シルクウール「江戸百撰」
帯:麻 京袋 帯締 帯揚げ
写真[コーディネイト例4]
きもの:シルクウール「江戸百撰」
帯:麻 京袋 帯締 帯揚げ
写真[生地アップ]
生地アップ

↑このページの先頭へ

三勝サイトトップへ