夏きもの(着る時期 6月〜9月中旬)

どこへ、はてな?

夏はそれほど正装が必要な場所はありません。絹紅梅のきものが一枚あれば、場所によって帯を正絹の絽、紗、羅にしたり、カジュアルの際は麻や木綿にしたりと使い分ければ、ほぼどこへでも着ていけます。

着こなし、はてな?

とにかく涼しいことが魅力です。夏のきものは、見た目の涼感が必要です。最近では夏用の刺繍半衿などもありますが、すっきりとした麻や絽、紗などの白半衿を細く出して下さい。帯揚げも、絽や紗などの夏素材のものを細めに出して全体を爽やかにまとめてください。

お手入れ、はてな?

絹物はとにかく汗を嫌うので、着た後は霧吹きで汗を飛ばしてください。普段のお手入れは、霧吹きで十分ですが、シーズンが終わったら悉皆屋(きものケア専門店)に出して、丸洗いでしっかりと汗じみのケアをしてください。汗を残したまましまってしまうと、絹が黄変(黄色に変色すること)してしまいます。一度黄変すると専門家でもとれないので気をつけてください。

↑このページの先頭へ

三勝サイトトップへ